Climber AI-OCR Lite with DX Suite|請求書・領収書等の電帳法対応ならClimberCloud(クライマークラウド)

帳票をAIで手軽にデジタル化

Climber AI-OCR Lite with DX Suite

月3万円~利用可能!

  1. ホーム
  2. Climber AI-OCR Lite with DX Suite

「Climber AI-OCR Lite」は、高精度なAI-OCRサービス 『DX Suite』を、小規模から手軽に始められるソリューションです。
業務で扱う帳票枚数が少ないケース、また繁忙期により帳票量が変動するケース等でのご利用に最適です。
RPA・電子文書管理システムと組み合わせて利用することで、低コストで業務の自動化・デジタル化を推進できます。

※AI inside 株式会社の文字認識AIを活用したサービスです。
※「DX Suite」は AI inside 株式会社の登録商標です。

Climber AI-OCR Lite with DX Suite

Climber AI-OCRの特徴

高精度な文字認識

高精度な文字認識

AI技術により活字・手書き文字の高精度な文字認識が可能です。帳票の傾きやズレも自動で補正します。

簡単 帳票自動仕分け

簡単 帳票自動仕分け

異なるフォーマットの帳票も、簡単な設定でAIが判定し自動で仕分けます。人が仕分ける必要はありません。
※オプション機能です

非定型帳票にも対応

非定型帳票にも対応

バラバラなフォーマットの帳票も AIが読み取り位置を判定し、高精度にOCR処理できます。帳票定義も必要ありません。
※オプション機能です
※一部の業務帳票(請求書・領収書等)のみ対応しています

簡単 エントリ(確認・修正)業務

簡単 エントリ(確認・修正)業務

シンプルな入力画面でスピーディーに確認・修正ができます。読み取り箇所のキャプチャとOCR結果を上下で見比べるだけでエントリが可能です。元帳票と照らし合わせてのチェックは不要です。

柔軟な他システム連携

柔軟な他システム連携

WEBAPIインタフェースで他システムとの柔軟な連携が可能です。画面操作することなくOCR操作を自動化します。

低コストで手軽にご利用可能

低コストで手軽にご利用可能

月額 3万円 からご利用いただけます。

提供料金

初期費用は不要、月額 3万円からご利用いただけます。

帳票1枚あたりの「読み取り項目数」×1ヶ月の処理枚数 6,000項目まで。

 

AI-OCR 「DX Suite」サービスラインナップ

※ 1ヶ月の読み取り箇所が6,000を超える場合、別途超過料金がかかります。
※ 最低利用期間は1年です。最低利用期間途中で解約された場合、残月数に応じた中途解約金を一括でご請求いたします。
※「Climber AI-OCR Lite with DX Suite」単体での購入が可能です。

RPA・電子文書管理システムとの連携

AI-OCRとRPA、電子文書管理システムを組み合わせることで、エントリ業務のさらなる自動化およびペーパレス化効果が期待できます。人手作業を大幅に削減し、業務を自動化することで、働き方改革・リモートワークが可能になり、不測の事態にも事業継続性(BCP)を確保できます。

連携イメージ

RPA・電子文書管理システムとの連携イメージ

WEBAPI連携を利用することで、ファイルアップロード操作からOCR操作・業務アプリケーション入力操作・電子文書管理システム文書登録操作まで一連の業務を自動化できます。人はOCR処理後のエントリ操作(チェック・修正)のみに注力できます。AI-OCRは高精度が期待できますので、帳票によってはエントリ操作も省略できるケースもあります。

AI-OCRおよび電子文書管理システムはクラウドサービスですので、インターネット環境さえあればどの場所、どの端末からでもアクセスが可能となり不測の事態発生時にも事業継続性が大きく向上します。電子帳簿保存法に対応した電子文書管理システムに文書を登録することで紙帳票を廃棄でき、作業場所の制約の解消、保管スペースの削減効果があり、業務の柔軟性・生産性の改善が期待できます。

連携例

連携例1
RPA・AI-OCR連携 フォルダ監視・自動アップロードOCR処理

帳票ファイル格納フォルダのファイルを自動で DX Suite にアップロードし、OCR処理します。人手で画面操作してアップロード・OCR処理する手間が省けます。夜間に自動処理をして、翌出社時にすぐにエントリ作業に取り掛かることができます。

連携例2
RPA・AI-OCR連携 フォルダ監視・自動アップロード仕分けOCR処理

仕分け機能(オプション)を利用することで複数のフォーマットが異なるファイルを自動で仕分け・OCR処理まで行えます。人手で帳票を仕分ける手間を省けます。

連携例3
RPA・AI-OCR連携 画面OCR アプリケーション画面

RPAでは読み取れないアプリケーション画面の表示箇所も高精度なAI-OCRで電子化できます。

連携例4
RPA・AI-OCR連携 画面OCR PDFファイル

フォーマットが一定ではない帳票の文字も、タイトル文字等を手掛かりにOCR処理できます。

連携例5
RPA・電子帳票管理システム連携 フォルダ監視・ファイルアップロード

文書をOCR処理した後そのまま電子文書管理システムへの登録も自動で行えます。人が文書登録操作をする必要はありません。いつでもどこでも必要な文書を検索表示し業務を継続できます。

サポート

当社は、AI-OCR・RPA・電子文書管理システム トータルでのサポートサービスを提供しています。
帳票定義・OCR検証支援、RPAシナリオ作成支援、電子文書管理システム導入支援等ご要望に応じた柔軟なサポートが可能です。
RPAとAI-OCR、電子文書管理システムを合わせてご契約いただいたお客様には、WEBAPI連携RPAサンプルシナリオを無償でご提供します。

導入をご検討の企業様へ

デモをご希望の(詳細をお聞きしたい)
企業様はご相談ください。

お問い合わせ

システム連携ご希望のベンダー様へ

WebAPIによるシステム連携ご相談ください。

詳細はこちら